ED勃起不全の基礎知識

なぜEDに?
性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。

>>ED治療薬

EDのタイプ
1.器質性EDのタイプ
加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。その他、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

2.心因性EDのタイプ
精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交がたまたまうまくいかなかったことよるトラウマが原因となることもあります。このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させることもしばしばです。

3.混合型EDのタイプ
EDの現状をみると、ストレスだけが原因、あるいは動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型EDが多いと考えられています。特に、糖尿病や高血圧、外傷などに精神的な要素が加わってEDになっていることが多いといわれています。

4.薬剤性EDのタイプ
中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬を含む向精神薬
末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬

・ed治療医院の費用・
動脈性EDの治療法
「狭窄」骨盤内に存在する太い血管の流れが阻害されている状態この場合、人工的な管や自分の静脈などを使用して、患部を回避した血液の通り道を作る=バイパス手術や、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に通すことにより、狭窄部を拡張する手術方法が行なわれている。細かい抹消動脈が閉塞することによって勃起が妨げられている状態この場合、陰茎の血管のいくつかをつなぎ合わせることにより、陰茎上部にある「深陰茎背静脈」を動脈化し、陰茎海綿体へ流入する血液量を増加させる手術を行なう。合併症として亀頭の過血流、陰茎浮腫、持続勃起症、陰茎知覚低下などが起こる可能性がある。また、手術の成功率にもばらつきがある。

静脈性EDの治療法
静脈性EDは陰茎海綿体からの血液の流出が多く、血液を陰茎にとどめておくことが難しい状態である。若い年代で流入動脈が正常な患者が受けられる。手術は深陰茎背静脈切除、陰茎脚結紮術を行い、血液の流出を少なくする。

プロステーシスの治療法
プロステーシスとは人口器官のことである。「陰茎プロステーシス」は、ペニスにシリコンの支柱を埋め込み、勃起状態を実現させる手術方法である。他ED治療が無効な場合や、病気などで適応外の場合に行う、ED最後の治療法である。陰茎プロステーシスの種類には棒状で曲げ延ばし式の「ノンインフレータブルタイプ」と水の移動によるポンプ式の「インフレータブルタイプ」がある。

・手術の費用・
手術の場合は、入院することになり費用も高い。日帰り手術が可能となっている。ちなみに、入院して手術をした場合、数万~数十万円必要。ed治療東京の病院とed治療大阪の病院では、80万円前後と記されている。

人気勃起薬ランキング紹介

勃起障害治療対策として、勃起薬は大人気です。しかし、勃起薬は山ほど多いです。どう選びますか?ここで、人気勃起薬ランキング前2位を紹介します。

第1位:レビトラ 市場シェア:42%

第2位:シリアス 市場シェア:28%